織物の新しい可能性を探り、今までにない製品を生み出す。日本テキスタイル株式会社 代表取締役 杉岡清行

日本テキスタイル株式会社

他との差別化を重視し、独自の分野を追究。

資材繊維織物の製造を手掛けるダイオ化成社関連の仕事を中心に農業資材の製造からスタート。当社は奈良の織物産業界においては歴史が浅いため、他社があまり扱っていないフィラメントや長繊維を中心とした農業資材用の織物を手掛けてきました。現在の主力製品は、デュポン社が独自に開発したタイベック®の素材を使った日よけシェード、『クールブラインド』です。

あきらめることなく挑戦し、お客さまの声に応える。

他社が織物にしない素材や織りにくい素材の可能性を追求していくことが、織物業の醍醐味だと思っています。当社の主力製品である『クールブラインド』も、新しい挑戦から誕生したもの。きっかけは、懇意にしていた方の紹介によるデュポン社との出会いでした。デュポン社が独自開発した高密度ポリエチレン不織布、タイベック®をアウトドア用途の織物にしたいという要望を受け、タイベック®をテープ状にして織物を製造。透湿防水性、遮熱性に優れた素材の特性を活かし、試行錯誤しながら9年の歳月を掛けて『クールブラインド』を生み出しました。製品化に至るまでは困難の連続でしたが、これをきっかけにネット販売にも進出し、予想以上の売り上げを記録。マスコミにも取り上げられ、順調に販路も拡大しています。すべては人とのつながりから導かれたものだと感謝しています。

試行錯誤の末に誕生した『クールブラインド』が主力製品。

タイベック®を織り上げた生地による、洋風すだれ式日よけシェード『クールブラインド』が主力製品。他にも、クールブラインドの素材を使った『クール障子シート』などを製造販売しています。クールブラインドは紫外線を約95%、日射熱を約85%カットする機能性に優れた生地。和紙のような落ち着きのある風合いも好評です。


会社概要

代表者 杉岡 清行
設立/創業 1967(昭和42)年3月
住所 磯城郡三宅町小柳323
電話 0745-43-0353
FAX 0745-43-0354
URL http://www.0353.jp/

ページの最上部へ