自社ブランドから付加価値の高い新製品を発信し、奈良蚊帳の伝統を今に伝える。丸山繊維産業株式会社 代表取締役社長 丸山欽也

丸山繊維産業株式会社

新しい時代に、新しいフィールドへ。

昭和5年に奈良蚊帳の製造で創業。その後、染織一貫生産できる産業繊維資材加工メーカーとして、奈良蚊帳の伝統染織技術を活かして次々と新製品を生み出してきました。オリジナルブランド「ならっぷ®」では企画から販売まで手掛けています。生活に役立つ製品、環境に優しい製品を提案し、社会に貢献することが当社の願い。奈良の伝統産業であった蚊帳の復興と粗目織物をベースにした新製品の開発、新しい流通の開拓を目指しています。

企画から染織まで一貫体制による良質なものづくり。

独自のアイデアを盛り込んだ製品づくりでユーザーのニーズにお応えするため、展示会などでお客さまとコミュニケーションを深めることを大切にしています。また自社製品の情報発信と販売のため「ねっとわーくぎゃらりーならっぷ®」を運営。今後は「蚊帳の夢®」ふきんを中心に、文具や生活雑貨などをさらに充実させていきます。当社の強みは、整経から製織、染色、仕上げ加工まで、すべてを自社で手掛ける一貫生産体制です。社員一丸となって「あ、うんの呼吸」で取り組むものづくり体制が、より良質な製品を生み出す環境と高い技術、オリジナリティのある製品づくりを支えています。現在、自社ブランド製品の製造販売、フィルム事業、繊維資材の売買、そしてユニチカや帝人といったメーカーからの受託を手掛けていますが、新しく産学連携事業にも協力。畿央大学と吉野町のまちづくり協議会が連携して行っているプロジェクトで、山道の日よけとして寒冷紗の利用が進められています。

オリジナルブランド「ならっぷ&reg」の製品を販売。

第20回日本文具大賞 優秀賞を受賞した、表紙にふすま地をあしらった「ふすま地帖」や、ふすま地ブックカバーなどの文具製品から、農業用寒冷紗、ラッピング材、インテリア用途の和風工芸染織資材など、オリジナルブランド「ならっぷ®」の製品を次々に販売。さらに、蚊帳生地や不織布にヨモギや緑茶等の天然植物エキスを含浸し、抗菌・防カビ・消臭・不快害虫忌避といった機能を付加した資材も提案しています。


会社概要

代表者 丸山 欽也
設立/創業 1930(昭和5)年
会社設立 1965(昭和40)年11月29日
資本金 1,000万円
社員数 21名
住所 奈良県天理市長柄町695
電話 0743-66-1282
FAX 0743-66-2030
URL http://www.maruyama-seni.co.jp
Email info@maruyama-seni.co.jp
その他 ねっとわーく ぎゃらりー ならっぷ(アンテナショップ)

ページの最上部へ