どんなオーダーにもお応えしたい!不屈のチャレンジ精神を確かな技術が支える。大和織布有限会社 代表取締役 野崎育洋

大和織布有限会社

扱いの難しい糸を織り上げる高度な技術を追求。

創業は昭和23年。蚊帳生地の製造から始まり、天然繊維や化学繊維を使った襖生地、壁紙用生地など様々な製品を提供しています。特にモノフィラメント糸を多用。硬くて扱いにくいポリプロピレン(PP)の糸を使った空調フィルターにも取り組み、苦労して良質なフィルターの製造に成功しました。最近は、綿糸や麻糸(リネン)を蚊帳織り技術を活かして織り上げた製品も手掛けています。

チャレンジを恐れない姿勢で事業を拡大したい。

当社は小ロットのオーダーにも対応。どのような依頼に対しても、満足していただける製品づくりでお応えできるように技術を磨いています。ときにはお客さまに難題を持ちかけられることもありますが、チャレンジすることなくお断りしたことは、今までに一度もありません。「針金を織ってほしい」というオーダーにチャレンジしたこともあります。結局、製品化には至りませんでしたが、貴重な経験ができました。たとえ失敗に終わっても挑戦するのは意義のあること。学ぶことが多く、次の仕事に活かせる新しい発見が必ずあるものです。現在は、変わり織りや織りづらい原糸の織物に取り組むことで海外向けの商品が増加してきました。これからもチャレンジ精神を忘れることなく新しい分野を開拓し、産業資材から繊維雑貨まで幅広く仕事を拡大していきたいと考えています。

産業資材から衣料用生地まで幅広く展開。

エアコンや空気清浄機などに使用するPPモノフィラメントによるハニカムフィルター、テトロン糸を使った収縮性が少ない防水剤補強クロスなどを製造。また、蚊帳織り技術を活かしたリネン製品として、ふきんやキッチンクロス、スカーフといった日用雑貨や衣料品用の生地も製造しています。


会社概要

代表者 野崎育洋
住所 奈良市山綾町77
電話 0742-33-7844
FAX 0742-33-7844

ページの最上部へ